借りた方は忘れやすいですが貸した方は覚えています

学生の頃の話ですが、一緒に遊んでいた時、ちょっとお金が足りなかったから百円貸して、と友人に言われて快く貸しました。

その後、たった百円の事ですが私は覚えていました。友人はすっかり忘れていたみたいです。

その友人と会うたびに、今日はあの百円、返してくれるのかな?と私は思っていましたが友人の方は全く返してくれる気配はありませんでした。

貸したお金は戻ってくると思うな、あげたと思え、という言葉は知っていましたがその友人の事をお金を貸したけど返してくれなかった人としてずっと悪く思い続けるのが嫌だったのと、大切に思っていた友人だったので、たとえ少額であれ借りたお金を返さないような人間になって欲しくなかったのと二つの理由で悩んだ末、勇気を出して「この間貸した百円、返して」とある日、言いました。

友人は本当に忘れていたようで「ごめん、ごめん!」と言ってその場で返してくれました。でもたった百円を返せと言った事でケチだと思われたのではないかと、後味の悪い思いをしました。その子とは今でも友情が続いています。

最近、そのような小額のお金を貸して、と言われた事はないのですが、同じような場面に遭遇したらどうするだろう、と考えることがあります。今なら、もし貸したとしても返してくれるよう催促はしないと思います。返してくれなければその程度の人だったと思いその人の事は諦めるかもしれません。

お金を貸す時はあげたと思え、という昔の人の言うことは正しいように思います。